Best practice

​利用シーンに合わせた設定方法等、上手な使い方。

​企業利用でのラボとプロジェクト

  • 部門ごとでラボを作り、部員全員を招待。

  • 案件ごとにプロジェクトを作り、関わる部員をメンバーとして追加。

  • 必要であれば各個人が自分専用のプロジェクトを作る。

  • ​プロジェクト間でDEKを再利用したい場合は、「所属ラボ限定」でマーケットプレイスに出品して取り込む。
     

Best practice 2

上手な使い方2

Citrus Fruits
Green Juices

Best practice 3

​上手な使い方3

Best practice 4

上手な使い方4

Sale Branding